2014年01月16日

2013年のベスト

2013年に聞いたCDの中で特に印象に残った作品を10枚選んでみました。
なお,序列は付ける気はありません。


陰陽座『龍凰珠玉』
通産2枚目となるベストアルバム。
但し,2曲の新曲が収録されています。
ここ数年の陰陽座の軌跡を辿るには最適の作品と言えるでしょう。
やっぱり陰陽座が好きなのだなあと実感させられます。


GALNERYUS『THE IRONHERTED FLAG Vol.2』
初期作品のセルフカバーアルバム。
但し,曲名と歌詞は変更されているので新作という扱いでもいいかもしれません。
YAMA-B時代の作品が小野正利の色に染められた感じかな。
今後も小野正利というヴォーカルを掲げるというある種の宣言に思えます。


DARK MOOR『ALS MUSICA』
スペイン産メロディック・メタル・バンドの新作。
期待を裏切らぬ素晴らしい作品に仕上がっています。
相変わらずのくさいメロディが好きものにはたまりません。
初来日だったライヴに行けなかったのが残念であります。


ALDIOUS『DESTRICT ZERO』
国産女性メタル・バンドの新作。
新作を重ねるたびに充実さを増しているのが素晴らしい。
新しいヴォーカルのRe:NOも個人的には大好きですね。
「菊花」は2013年のベストチューンの候補曲であります。


AMORPHIS『CIRCLE』
フィンランド産メロディック・デス・メタル・バンドの新作。
お得意のフィンランド叙事詩『カレワラ』を敢えて題材から外した意欲作です。
音楽性は基本的に変わっていないけれどね。
安定感のある楽曲ばかりなので安心して聞くことが出来ます。


AMARANTHE『THE NEXUS』
スウェーデン産メタル・バンドの新作。
ヘヴィ・メタルとユーロビートの混合という感じなのかなあ。
個人的にはかなり好みの音楽であります。
「MECHANICAL ILLUSION」はベストチューン候補ですねえ。


STRATOVARIUS『NEMESIS』
フィンランド産メロディック・メタル・バンドの14thアルバム。
ヨルグ・マイケルに代わってロルフ・ピルヴがドラマーとして加入しています。
全盛期の雰囲気を取り戻しながら新たな一歩を踏み出した作品と言えるかな。
迷走感を脱却し,更なる作品への期待を感じさせます。


HELLOWEEN『STRAIGHT OUT OF HELL』
ドイツ産ジャーマン・メタル・バンドの14thアルバムです。
最高傑作の可能性さえも感じさせる粒揃いの楽曲が非常に魅力的。
賛否の分かれる作品が続いていましたが,そのもやもやを一掃した感があります。
HELLOWEENに求める音楽を完璧な形で顕現した作品と言えるでしょう。


CROSS VEIN『BIRTH OF ROMANCE』
国産シンフォニック・メタル・バンドの1stアルバム。
作品自体は2012年の発売となっています。
まだまだ未熟さはあるけれども可能性を感じさせる輝きを秘めています。
ヴォーカルのJULIAの独特の歌唱は好き嫌いが分かれるかもだけれども。


ETERNAL TEARS OF SORROW「SAIVON LAPSI」
フィンランド産メロディック・デス・メタル・バンドの7thアルバム。
耽美と寂寥とを併せ持つ抒情性溢れる雰囲気は健在。
この独特の冷たい世界観がたまらなく好みであります。
やっぱり大好きバンドなのだなあということを再認識します。
posted by 森山 樹 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2014年01月11日

2013年の反省と2014年の抱負

 購入した音源は60枚。前年よりも13枚の増加。そのうち26枚が国産メタル・バンドの作品となっています。如何に2013年に国産バンドに関心を持ったかということを如実に表す数字でありましょう。その殆どが女性Voを擁したバンドであるというのは純然たる自分の趣味ではありますが,市場としても増加していることは言えるのではないかと思います。また,2012年は0だった参戦ライヴが一気に13まで増加しました。久しぶりに行ったライヴが実に楽しかったのですよね。KAMELOTやNIGHTWISHといったバンドのライヴに初参戦出来たのも嬉しかったです。LOUD PARKに行けなかったのは残念ではありましたけれども。

 ライヴへの参戦は増加する一方にも関わらず,2013年もCDの感想を書くことが出来ませんでした。要するにCDを聴き込んでいないのですよね。このあたりは大いなる反省材料であります。大好きな音楽であることに変わりはありませんので,もっとヘヴィ・メタルに真摯に向き合いたいと思います。惰性で音楽を聴いている気がしてならないのですよね。今年こそはCDの感想を数年ぶりに復活させたいものであります。遅れがちなライヴ感想もきちんと書いていきたいなあ。

 今年の目標は可能な限りのライヴに行くこととCDの感想を書くということ。特に海外バンドのライヴは数少ないだけに逃さないようにしないと思います。場合によっては大阪や東京への遠征も検討するつもり。勿論,名古屋での開催は可能な限り参戦します。CDの感想は差し当たり一カ月に2枚程度が目標かなあ。年間で30枚くらい書ければいいなあと思っています。積極的に新しいバンドにも手を出してみるつもり。特に国産バンドは2014年も注目していきたいものであります。

 追記。今年から新たな試みとして「2013年のベスト」的な記事を書こうと思います。此方も近日中に。序列をつけるのは好みではありませんので,印象に残った作品を並列的に取り上げる形になるでしょう。
posted by 森山 樹 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2013年01月11日

2012年の反省と2013年の抱負

 購入した音源は47枚。例年通りの数ではあります。そのうちの11枚が国産アーティストの作品。他にも欲しい作品は多いので,昨年来国産メタルに自分が関心を持っていることが窺えます。ただ,海外アーティストの作品よりも入手が困難というのが辛いところ。結局はインディーズ作品なわけですからね。今年は何とか入手するルートを確立したいところであります。Amazonさんで取り扱っているものもあるんだけど品切れが多いしね。名古屋で国産メタル作品を多く扱っているお店が見つかればいいのだけど。

 2012年は結局ライヴに一度も行けませんでした。OPETHやUNISONIC,DREAM THEATERなど行きたいライヴはそれなりに多かったのですけれどね。LOUD PARKにも行けず。今年はHELLOWEENとGAMMA RAYのカップリングツアーやNILE,SONATA ARCTICAなど楽しみなライヴが多いので是非ともライヴ参戦を復活させたいところ。特に3月のDELAINは何とかして行きたいものです。大阪まで足を延ばす価値はある筈。HELLOWEENとGAMMA RAYは絶対に行きますけどね。この組み合わせのライヴに参戦せずしてジャーマン・メタル好きは名乗れません。今年こそはLOUD PARKにも行きたいもの。OZZ FESTは自分とは音楽の方向性が違うので見送ることになるでしょう。

 2012年に一番気に入った作品はGALNERYUS『ANGEL OF SALVATION』かなあ。前作『PHOENIX RISING』を更に上回る素晴らしい作品でした。小野正利加入後の安定感は特筆ものです。同じ国産バンドではMINSTRELIX『TALES OF HISTORIA』もかなり好み。今後の躍進を大いに期待させる作品だったように思います。一年間に2枚のアルバムを出したLIV MOONの充実ぶりも光るところ。そろそろ全国的なツアーをしてくれないものかなあ。一度はライヴを体験したいものなのだけど。海外作品ではDELAIN『WE ARE THE OTHERS』が素晴らしかった。特に「BABYLON」は今年一番気に入った曲のひとつです。久々のKAMELOT『SILVERTHORN』も悪くはなかったけれど,KAMELOTに対する期待値が高すぎたのが残念。トミー・カレヴィック加入後の2枚目となる次作に真価が問われるように思います。ORDEN OGANやEVENOIRも結構良かったなあ。CIRCUS MAXIMUSやSTATUS MINORの新作も嬉しかった。非HMですが天野月『天の樹』もいい作品でした。「東京タワー」は前述の「BABYLON」と並ぶ昨年の双璧です。

 今年こそは音源の感想を書きたいと思っています。感想を書く為に聞き込むことで理解度が高まる気がするのですよね。また,何とかライヴ参戦も復活したいもの。此処のところ,惰性で音楽を聴いているという罪悪感を覚えてしまっているので音楽の正道へと立ち返りたいと思います。素敵な音楽とたくさん出逢い,その魅力を伝えて行けるように頑張りたいと思います。何はともあれ,夏に予定されているHELLOWEENとGAMMA RAYのライヴが今から楽しみでなりません。
posted by 森山 樹 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2012年01月07日

2011年の反省と2012年の抱負

 購入した音源は49枚。だいたい毎年これくらいの数に留まっていますね。その内13枚が国産アーティストというのは自分にしては珍しい傾向です。陰陽座のシングルや非HMの天野月の作品も混ざっていますけれどね。それでもBLOOD STAIN CHILDやSERENITY IN MURDER,ALDIOUS,LIV MOONら国産HMバンドの躍進が目立った年だったように思います。勿論,GALNERYUSも安定していますし,2年ぶりとなる陰陽座の新譜も実に素晴らしい出来でした。海外勢もSTRATOVARIUSやWITHIN TEMPTATION,AMORPHIS,RHAPSODY OF FIRE,EDGUY,DREAM THEATER,OPETH,MEGADETHとそれなりに数が揃っていました。感想は殆ど書くことが出来ませんでした,充実した年だったように思います。

 ライヴは結局5つに参戦。ただ,それが全て上半期に集中したのが残念です。東日本大震災の影響もあるのか,下半期は来日するバンドが少なかったのですよね。毎年恒例のLOUD PARKも今年は一日だけの開催となってしまいました。この状態は2012年も引き続くのかなあ。その分は国産HMバンドに活躍をして欲しいものです。年末のSERENITY IN MURDERとLIGHT BRINGERのライヴに行けなかったのは痛恨事。今年はこのふたつのバンドのライヴに是非参戦したいと思います。一番楽しめたのはやはり初体験だったHELLOWEENですね。お供にSTRATOVARIUSという豪華な編成だったのが凄く素敵。割と古めの楽曲を披露してくれたこともあって,存分に楽しませて貰いました。次の来日の際も是非参戦したいもの。また,FIREWINDのライヴも楽しかったです。此方は客の入りが悪すぎたのが残念でしたけれども。

 2011年に一番気に入った作品は陰陽座『鬼子母神』かなあ。瞬火渾身のコンセプトアルバムの雰囲気に存分に酔いました。SERENITY IN MURDER『The First Frisson Of The World』もこれがデビュー作とは思えない素晴らしい作品でした。此処まで素敵な国産メロディック・デス・メタル・バンドが登場したことが嬉しいです。小野正利加入後2作目となるGALNERYUS『PHOENIX RISING』もお気に入り。海外作品だとマイク・ポートノイ離脱で不安視していたDREAM THEATER『A DRAMATIC TURN OF EVENTS』は実に良かった。AMORPHIS『THE BEGINNING OF TIMES』も期待通りの作品。新人ではAMARANTHE『AMARANTHE』は今後が大いに楽しみな作品でした。ネタ的な要素も強いけれど,決してそれだけに留まらないHOLY MARTYR『INVINSIBLE』も個人的に2011年を代表する作品のひとつですね。

 2012年も素敵な音楽生活が送りたいもの。昨年は殆ど音楽の感想を書きませんでしたが,今年は少しでも多くの感想を書きたいと思っています。そして,ライヴにも積極的に参加するつもり。先ずは2月のOPETHということになるかな。4月の陰陽座とDREAM THEATERも余力があれば是非とも。天野月のライヴにも行きたいのですけれどねえ。なかなか近場で開催してくれないのが困りものです。何はともあれ,今年も素敵な音楽とたくさん巡り合えることを期待しています。
posted by 森山 樹 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2012年01月05日

2011年下半期回顧録

結局,下半期はライヴに行くことがありませんでした。
行きたいライヴがないわけではなかったのですが,
仕事と重なってしまうなど行く機会に恵まれなかった印象です。
今年もLOUD PARKに参戦することは出来ませんでしたね。
あまり自分好みの顔触れではなかったから問題はないのですけれど。
それよりもSURRENDER IN MURDERに行けなかったのが残念です。
国産バンドだから次の機会が遠くないと信じたいところ。
感想は書きませんでした音楽は相応に聴いておりました。
特に陰陽座『鬼子母神』は久々に満足のいく作品だったように思います。
後はANCIENT BARDSやOPETHあたりも楽しめました。
勿論,HOLY MARTYR『INVINSIBLE』も大満足。
2011年で一番聴き込んだ作品かもしれません。
SURRENDER IN MURDERやBLOOD STAIN CHILDもよかった。
国産バンドが元気なのは嬉しいですね。
GALNERYUSの新譜も存分に満足出来る作品でした。
新譜だけを見ていると充実した音楽生活を送れていたことを実感します。
後は以前のように海外バンドの来日が相次ぐことを祈りたいと思います。
posted by 森山 樹 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2011年07月03日

2011年上半期回顧録

〈2011年上半期に参戦したライヴ〉
02.23 HELLOWEEN with STRATOVARIUS@ZEPP名古屋
02.27 GALNERYUS@名古屋Electric Lady Land
03.04 FIREWIND@名古屋CLUB QUATTRO
04.16 ALDIOUS@名古屋CLUB QUATTRO
05.14 HIBRIA@名古屋ボトムライン

続きを読む
posted by 森山 樹 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2011年01月07日

2010年の反省と2011年の抱負

 購入した音源は45枚とほぼ昨年並み。BLIND GUARDIANやKAMELOT,DARK TRANQUILITYなど大好きなバンドの新作を聴くことが出来た嬉しい年でした。ただ,やっぱり感想は殆ど書けていません。聴くのは聴いているのですが,聴き込むことをしていない自覚はあります。音楽に真摯に向き合えていないのですね。今年は悔い改めて,しっかりと音楽を聴き込むことを意識しようと思います。なお,参戦したライヴはSONATA ARCTICAとGAMMA RAY + RAGE,それにGALNERYUSの3つ。楽しみにしていたFINLAND FESTに仕事の関係で行けなかったのが痛恨事でした。地方在住の身が恨めしく思えます。

 2010年に聴いた音源の中で一番印象に残った作品は7 Sinners /HELLOWEENでしょうか。ここ最近のHELLOWEENはいまいち自分の好みとは合わない感じがしていたのだけど,本作は実に楽しむことが出来ました。次回作もこの路線を踏襲して欲しいもの。AT THE EDGE OF TIME / BLIND GUARDIANも往年のブラガーを彷彿とさせる作品だったように思います。OF RUST AND BONES / POISONBLACKも格好良かった。また,小野正利が加入したRESSURECTION / GALNERYUSも素晴らしい作品でしたね。YAMA-Bが脱退したバンドの危機をこの上もなく素敵に補った感があります。国内バンドではALDIOUSやLIGHTBRINGERもなかなか楽しめました。これからの活躍を大いに期待したいところです。ライヴでは感想を書いていませんが,RAGEの演奏が実に格好良かった。GAMMA RAYを完全に上回っていたように思います。次の来日公演も行かねばなりません。

 今年も素敵な音楽に触れたいもの。その為にもライヴには積極的に参戦したいと思っています。1月に予定されていたFIREWINDが3月に延期されたのは残念ですが,2月にはHELLOWEENとSTRATOVARIUSという豪華な組み合わせの公演が待っています。その直前にはDIMMU BORGIRも控えていますしね。陰陽座も今年は新譜を出してくれる筈。そして,やっぱり可能であれば,LOUD PARKに参戦してみたい。少しでも多くの音楽に触れ,感想を書くことが出来たらなと思っています。
posted by 森山 樹 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2010年04月18日

HM/HR好きの方へ100の質問その4

100の質問の最後まで。
偶にはこういうのも悪くないですね。

昨日はGAMMA RAYとRAGEのライヴを楽しみました。
HMの魅力を改めて認識したように思います。
次はFINLAND FESTを予定していますが,
行けるかどうかは非常に微妙なところです。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2010年04月17日

HM/HR好きの方へ100の質問その3

暫く間が空きましたが,100の質問の三回目。
回答を見ても分かるようにあまり気合は入っていません。
どうでもよさそうな質問が多いんですよね。
半分くらいに絞っても良かったのではないかしら。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2010年04月11日

HM/HR好きの方へ100の質問その2

100の質問企画の第2回目。
あんまり面白い設問がないなあ。
こういうのはやっぱり他人のを読むのが楽しいんだよね。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2010年04月10日

HM/HR好きの方へ100の質問その1

ネタがないので懐かしの100の質問にでも答えてみます。
以前のサイトでも答えたことがあった筈。
その時とは大分回答が変わっているでしょうね。
長くなるので25問ずつ分割しての掲載です。

続きを読む
posted by 森山 樹 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2010年01月09日

2009年の反省と2010年の抱負

 購入した音源は47枚とほぼ例年並み。そして,決して音楽を聴かなくなったわけでもないのだけれど,妙に感想を書くことが出来なかった一年でした。他の趣味に志向が傾斜してしまっていたのかもしれません。じっくりと一枚の作品を聴きこむ時間ははっきりと減ってしまったように思います。これは素直に反省すべき材料。もう少し真摯に音楽に向き合う必要がありそうです。また,参戦したライヴはARTHEMISとSTRATOVARIOUSのふたつ。本当ならば陰陽座の十周年記念公演にも参戦したかったのですが,体調不良と重なってしまったのが残念でした。

 2009年に聴いた作品の中で最もお気に入りはEVOCATION 1 THE ARCANE DOMINION / ELUVEITIEとCHILDREN OF THE DARK WATERS / ETERNAL TEARS OF SORROWの2枚です。また,POLARIS / STRATOVARIOUSも往年の名曲を彷彿とさせる曲が収録されており,今後への期待を確かに駆り立てる一枚だったように思います。感想を書いてはおりませんが,SKYFORGER / AMORPHISも素晴らしい作品でした。AMORPHISはすっかり安定して高水準の作品を供給してくれますね。いつもどおりにアートワークも大変素敵。

 ここのところ完全にゴシック/シンフォニック・メタルが自分の聴く音楽の主流となっていますが,もう少し様々な種のHMも聴いてみたいところではあります。そして,可能な限りのライヴにも参戦するつもり。まずは今月に予定されているSONATA ARCTICAの来日公演を楽しみにしています。秋のLOUD PARKも今年こそは参加してみたいところですが,流石にこちらはどうなるか分かりません。
posted by 森山 樹 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文