2013年10月14日

KAMELOT JAPAN TOUR 2013

KAMELOT JAPAN TOUR 2013
2013.05.29(Wed) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO

SET LIST
01 RULE THE WORLD
02 GHOST OPERA
03 THE GREAT PANDEMONIUM
04 VERITAS
05 CENTER OF THE UNIVERSE
06 THE HUMAN STAIN
07 SONG FOR JOLEE
08 Drum Solo
09 WHEN THE LIGHTS ARE DAWN
10 SACRIMONY(ANGEL OF AFTERLIFE)
  (with Alissa White-Gluz)
11 SEASON’S END
12 Keyboard Solo
13 FOREVER
Encore
14 Bass Solo
15 KARMA
16 TORN
17 MARCH OF MEPHISTO
  (with Alissa White-Gluz)

 念願のひとつであったKAMELOTのライヴに行ってきました。とは言え,大好きだったロイ・カーンではなくトミー・カレヴィクにVoは変更になっているのですけれどね。トミー・カレヴィクも良いVoだと思うのですが,ロイ・カーンの歌声も聞いてみたかったなあというのが実際のところであります。前座としてCINQ ELEMENTのライヴが約30分。これは大阪でのDELAINのときと同じである為に割愛。東京公演では前座がCYNTIAだったらしく,未体験の此方の方が良かったなあと思いました。KAMELOTのライヴ自体は約2時間弱。旧譜から新譜までバランスのとれた選曲でありました。個人的には何をさて置き「CENTER OF THE UNIVERSE」を演奏してくれただけで大満足。改めて聞いても劇的な展開が非常に素晴らしい名曲中の名曲であります。トミー・カレヴィクのVoは癖がないですね。如何にも好青年といった風体が淡白な印象ですが,確かな歌唱力は流石に素晴らしい。ロイ・カーン時代の曲も既に掌中に収めている印象がありました。また,今回のライヴではTHE AGONISTのアリッサ・ホワイト・グラズがゲスト参加。コーラスに加えて「SACRIMONY」や「MARCH OF MEPHISTO」ではデス・ヴォイスも披露してくれます。白と黒,それにSM嬢的なボンテージと様々な衣装で楽しませてくれます。THE AGONIST自体は未体験なのですが聞いてみたいと思わせる歌声でありました。その美貌もたまらなく素敵。「FOREVER」に「KARMA」とKAMELOTを代表する曲を一通り聞けて大満足。後は「THE FOURTH LEGACY」を演奏してくれたら申し分がなかったのだけどなあ。しかし生で聴いた「CENTER OF THE UNIVERSE」の素晴らしさは慟哭ものでありました。会場も大変盛り上がっており,次回の来日公演も必ず行こうと思わせる,最高のライヴでした。新譜を出す度に来日公演してくれたらいいのになあ。
posted by 森山 樹 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78204876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック