2013年06月29日

AMARANTHE Japan Tour 2013

2013.05.17(Fri) 大阪・梅田CLUB QUATTRO

SET LIST
01 INVINCIBLE
02 LEAVE EVERYTHING BEHIND
03 1.000.000 LIGHT YEARS
04 SERENDIPITY
05 MY TRANSITION
06 INFINITY
07 DRUM SOLO
08 BURN WITH ME
09 MECHANICAL ILLUSION
10 RAIN
11 THE NEXUS
12 AFTERLIFE
13 AMARANTHINE
14 CALL OUT MY NAME
アンコール
15 AUTOMATIC
16 HUNGER

 スウェーデン産メロディック・メタル・バンドANARANTHEの来日公演に行ってきました。場所は前回のDELAINに引き続き大阪。すっかりライヴで大阪に行くのは問題がなくなってしまった気がします。確実に宿泊しないといけないから金銭的にはやっぱりちょっと厳しいのですけれどね。それでも名古屋に来てくれないときは仕方ありません。なお,会場は梅田CLUB QUATTRO。DELAINの公演会場だったUmeda Akasoとはそんなに遠くない場所でありました。結構,綺麗な会場で好印象であります。

 AMARANTHEのライヴは勿論これが初めて。まだ2枚しかアルバムを発表していないということで予習はばっちりでしたが,事前の期待以上に素晴らしいバンドでした。ヴォーカル3人という特異な編成ですが,それが存分に機能しているのが素晴らしい。その中でも女性リード・ヴォーカルのエリーセの存在感は抜群ですね。その美貌も然ることながら,圧倒的に説得力を有した歌唱力がたまらないものがあります。AMARANTHEと前後してDELAINやNIGHTWISHという同系統のバンドのライヴに参戦していますが,いずれも劣らぬ素晴らしい女性ヴォーカルでほぼ同時期に集中してしまったことが勿体なく思えてしまいます。勿論,男性リード・ヴォーカルのジェイクやデス・ヴォイスを担当するアンディも能力のある歌い手であることに間違いないのですが,エリーセに全部持って行かれた感は否めません。ポニーテールでのヘッドバンギングがまたステージで映えるんだものなあ。セットリストは上述のとおりですが,もともとがアルバム2枚しかないこともあって聴きたい曲はひととおり聴くことが出来たように思います。特に「MECHANICAL ILLUSION」の扱いの良さは特筆もの。エリーセがMCで曲名を告げただけで気分が高揚してきたのを覚えています。本篇は最新作『THE NEXUS』を中心に,アンコールは『AMARANTHE』に収録の名曲「AUTOMATIC」と「HUNGER」という編成となっていました。新作を引っ提げてのツアーですから,ある程度は予想済みではあります。今後も「HUNGER」はライヴの締めとしての定番曲になっていくのでしょうね。

 大阪まで遠征する価値は充分にあった素晴らしいライヴでした。公演時間は90〜100分くらいだったかなあ。以前は2時間以上ないと短いなあと感じていましたが,最近はこれくらいが一番集中して楽しめるなあと思うようになりました。ライヴって体力を消耗しますからねえ。なお,人の入りは8割くらいかなあ。ほぼ最後方に近い場所でしたが,舞台は結構近くに感じられて充分に堪能することが出来ました。勿論,Tシャツも購入。ライヴ会場では先ずはこれを買って着替えないと気分が入りません。3月のDELAINのTシャツもちらほら見かけられて観客層はやはり被っているのだなあと実感いたしました。何はともあれ,非常に楽しかったです。是非,次回の来日公演も参戦したいもの。次はやはり名古屋にも来てほしいなあと思います。
posted by 森山 樹 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70209275
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック