2013年03月28日

NILE Japan Tour 2013

2013.02.13(Wed)
名古屋CLUB QUATTRO

01 Sacrifice Sebec
02 Defiling the Gates
03 Kafir
04 Hittite Dung
05 Enduring
06 Supreme Humanism
07 Black Flame
08 Execration Text
09 Ithyphallic
10 Degradation
11 Permitting the Noble
12 Dagon Vamp
13 Sarcophagus
14 Cast down
15 Lashed to the
16 Black Seeds

 エジプティック・デス・メタル・バンドNILEのライヴに行ってきました。これまで何度か来日公演はあるものの単独ツアーを行うのは今回が初めてとのこと。この種のバンドのライヴ参戦は初めてですので楽しみにしていました。あんまり予習をしていなかったので曲は聞き覚えがあるなあ程度しか分からなかったけれどね。

 平日,それも週の真ん中の水曜日,更に名古屋での公演ということで観客の入りが全く予想できなかったのですが,公演の約二週間前に購入したチケットの整理番号がかなり若かったので一抹の不安を抱いていました。しかし,実際に会場に入ると予想を更に下回る状況に唖然としてしまいました。かなり好意的に見積もっても会場は約3割程度しか埋まっていなかったのですもの。せめて金曜日か土曜日の公演だったらまだ人が入ったのかなあと思います。ただ,ライヴの中身は頗る充実したもの。上述のとおりに楽曲は殆ど覚えていなかったのですが,それでも充分に楽しむことが出来ました。少ない動員にも拘らず,それを微塵も感じさせない高いレベルの演奏に酔います。ライヴそのものはアンコールなしの約1時間30分程度でしたが,実に充実した内容だったと思います。もう少し曲を覚えていたら,もっと楽しめたかと思うと忸怩たるものはありますけれども。しかし,エジプト神話やラヴクラフトに影響を受けた暗黒系デス・メタルというジャンルにも関わらず,実に楽しそうに演奏するメンバーの姿が印象的でした。こういうのも格好いいよねえ。

 寂しさを感じる観客の入りでしたが,それを吹き飛ばすくらいに熱のこもった公演を堪能いたしました。是非ともきちんと曲を覚えた上で次回の公演も参戦したいものです。ただ,今回の状況を鑑みると再度の来日公演はともかく単独での名古屋公演は絶望的でしょうねえ。また,名古屋飛ばしをされてしまうのかと思うと残念でなりません。しかし,音楽性もかなり好みであり,ライヴそのものも実に楽しかったので,機会があれば再び参戦したいと思います。大阪くらいまでだったら足を延ばしてもいいんだけどなあ。
posted by 森山 樹 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64139027
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック