2011年01月07日

2010年の反省と2011年の抱負

 購入した音源は45枚とほぼ昨年並み。BLIND GUARDIANやKAMELOT,DARK TRANQUILITYなど大好きなバンドの新作を聴くことが出来た嬉しい年でした。ただ,やっぱり感想は殆ど書けていません。聴くのは聴いているのですが,聴き込むことをしていない自覚はあります。音楽に真摯に向き合えていないのですね。今年は悔い改めて,しっかりと音楽を聴き込むことを意識しようと思います。なお,参戦したライヴはSONATA ARCTICAとGAMMA RAY + RAGE,それにGALNERYUSの3つ。楽しみにしていたFINLAND FESTに仕事の関係で行けなかったのが痛恨事でした。地方在住の身が恨めしく思えます。

 2010年に聴いた音源の中で一番印象に残った作品は7 Sinners /HELLOWEENでしょうか。ここ最近のHELLOWEENはいまいち自分の好みとは合わない感じがしていたのだけど,本作は実に楽しむことが出来ました。次回作もこの路線を踏襲して欲しいもの。AT THE EDGE OF TIME / BLIND GUARDIANも往年のブラガーを彷彿とさせる作品だったように思います。OF RUST AND BONES / POISONBLACKも格好良かった。また,小野正利が加入したRESSURECTION / GALNERYUSも素晴らしい作品でしたね。YAMA-Bが脱退したバンドの危機をこの上もなく素敵に補った感があります。国内バンドではALDIOUSやLIGHTBRINGERもなかなか楽しめました。これからの活躍を大いに期待したいところです。ライヴでは感想を書いていませんが,RAGEの演奏が実に格好良かった。GAMMA RAYを完全に上回っていたように思います。次の来日公演も行かねばなりません。

 今年も素敵な音楽に触れたいもの。その為にもライヴには積極的に参戦したいと思っています。1月に予定されていたFIREWINDが3月に延期されたのは残念ですが,2月にはHELLOWEENとSTRATOVARIUSという豪華な組み合わせの公演が待っています。その直前にはDIMMU BORGIRも控えていますしね。陰陽座も今年は新譜を出してくれる筈。そして,やっぱり可能であれば,LOUD PARKに参戦してみたい。少しでも多くの音楽に触れ,感想を書くことが出来たらなと思っています。
posted by 森山 樹 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42423435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック