2010年09月19日

BURRN!2010年10月号

 表紙はAVENGED SEVENFOLDのM.Shadowsと先ごろDREAM THEATERからの脱退が発表されたMike Portnoy。巻頭特集はそのAVENGED SEVENFOLDですが,あまり興味がないので読んでいません。つか,基本的に自分好みの特集記事って殆ど掲載されないのですけどね。如何に自分の趣味がBURRN!誌の方針とかけ離れているかを実感します。

 特別企画の女性ギタリスト特集は楽しく読みましたが知らない人も結構多いな。DOMENICAのベッキー・フリーセンの美貌には惚れ惚れしました。ALDIOUSのYoshiとTokiも美人よね。〈LAメタルの真実〉はすっかり連載化してしまいましたね。どっちにしろ,読まないのだけど。METALLICAの来日企画のOUTRAGEインタビューは件の騒ぎの原点。私見ですが,犯罪を自慢する方も自慢する方だが,記事に書く方も書く方だよね。どっちも頭が悪いとしか思えません。

 ANGRAとSUPIRITUAL BEGGARS,PATHFINDER,KEEP OF KALESSIN,NoGoDとインタビュー記事はいつもどおりかな。このうちで新譜を聴いたのはANGRAだけだけど。PATHFINDERも評判がえらいいいので聴いてみたいなと思っています。KEEP OF KAKESSINも良さそうよね。国産HMを応援する意味ではNoGoDも聴いてみたい。ただ,広瀬編集長が妙に推しているのが逆に不安を駆り立てられます。

 気になる新譜は以前に挙げたとおり。輸入盤で面白そうなのはKATATONIA,MEHIDA,ARKONA,ILLUSION SUITEあたり。特にKATATONIAは鬱系ゴシック・メタルとのことなので聴きたいもの。また,10月にはHELLOWEENの新譜やALDIOUSのデビューアルバムが発表されるみたい。こちらも楽しみです。

 いつも以上にあんまり読むところがない号でしたね。本当に巻末の新譜カタログだけを目当てに購入している気がします。今年のLOUD PARKに出演するバンドのステッカーが附録されているけれど,相変わらず自分で切らなきゃ使えないタイプなので意味がない。まあ,ステッカー貼る趣味もないんだけどね。何だか,ずれた雑誌だなと思います。それが芸風かもしらんけどね。
posted by 森山 樹 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40817152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック