2010年07月14日

BURRN!2010年8月号

 表紙はオジー・オズボーンとガス・G。個人的にはガス・GにはFIREWINDに復帰して欲しいものです。実際のところ,OZZY OZBOURNEにあまり強い思い入れはありませんので……。というわけで,巻頭のオジー・オズボーンのインタビューは流し読み程度。ロニー・ジェームズ・ディオの追悼特集は如何にもこの雑誌らしい記事だったけどあまり面白くはなかったかな。前号から始まったLAメタル特集も興味がないので読んでいません。この辺りを見るとBURRN!誌の対象とする読者層から自分が外れていることを感じます。

 インタビュー記事で読んだものはVOICES OF DESTINY,LABYRINTH,GALNERYUS,ELUVEITIE,DAWN OF SILENCE,GRAND MAGUSなど。GALNERYUSは小野正利が加入するに至った事情が面白かった。最新アルバムを聴いてもGALNERYUSには最適な人材に思えます。勿論,YAMA-Bに復帰して欲しい気持ちはありますが,それでも小野正利の歌唱は流石のもの。華やかさもあるので彼の存在がGALNERYUSにいい方に働くことを期待しています。ELUVEITIEは大好きなバンドなので,このような形で取り上げられるのは嬉しい。古代ガリア音楽を原点とするフォーク・メタルという異端の音楽の解説は興味深いものです。この辺りは歴史趣味者としても関心があります。是非とも日本公演を現実のものとして欲しいものです。正統派ノルディック・メタルの旗手GRAN MAGUSも面白そうなので,そのうちに聴いてみるつもり。後は結局自分が参加できなかったFINLAND FESTのライヴレポートが実に羨ましかった。会場の興奮が伝わってきます。一番盛り上がったのはやはりTURISASだった模様。POISONBLACKもなかなか良かったようです。この辺りも再来日を果たして欲しいもの。特にTURISASが来日した暁には万難を排してでも参戦したいと思います。ヴァイキング・メタルの咆哮を生で味わいたいです。

 楽しみなのは8月以降に大好きなバンドの新譜が多数用意されていること。特に8月のBLIND GUARDIANとANGRAは注目しています。BLIND GUARDIANは4年ぶりの新作。前作があまり好みではなかったので,今作に寄せる期待は大きいです。ANGRAは余り心配していません。それなりに完成度の高い作品を見せてくれる筈。また,9月にはAPOCALYPTICAが新譜を発表する模様。BURRN!誌には記事がなかったけれど,確かKAMELOTの新作も年内だったように思います。こちらも楽しみ。ちなみにNIGHTWISHの新作は2011年9月とのこと。大分先ですね。

 7月発売で興味のある新譜は以前に書いたとおり。輸入盤で面白そうなのはCRYSTALLION,KINGS OF MODESTY,PYTHIA,NOSTRADAMEUSあたり。ただ,どれもあまり印象は強くありません。実際に聴いてみないと何とも言えないけれど。まあ,機会があれば聴いてみたいものです。
posted by 森山 樹 at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑誌感想
この記事へのコメント
BLIND GUARDIANの前のアルバムは私もあまり通しで聴いてないのですが、”Turn The Page”が大好きで今ではこの曲しか聴いていないといっても過言ではないです。しかし、今度のアルバムが楽しみですね。
勿論、ANGRA 、IRON MAIDEN、SPIRITUAL BEGGARSなどなどアルバム発売目白押しですから、今年後半は楽しみですね。
Posted by kayoko at 2010年07月17日 00:50
>kayokoさん
初期のBLIND GUARDIANが好きなので,
最近の作品にはあまり心惹かれません。
それでも一番好きなバンドであることに間違いないので,
今作も大いに期待をしております。
ANGRAも楽しみですよね〜。
個人的にはKAMELOTの新作に大いに期待しております。
“Center Of The Universe”級の神曲を聴きたいものです。
Posted by 森山 at 2010年07月19日 10:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39634623
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック