2010年06月29日

CD Journal 2010年7月号

 普段は買わない雑誌ですが,特集が「ヘヴィ・メタルのススメ」ということで購入。特集とは言っても,14頁程度の記事なので,それ程読み応えがあるわけではないのが残念。ちなみに文章を書いているのは奥村裕司や山崎智之など,かつてBURRN!誌の編集に携わっていた人物の名前が見受けられます。結局,この業界も極めて狭いということなのでしょう。

 内容としては,まあこんなものかなという印象。個別に取り上げられているバンドがRATT,GRAND MAGUS,ダイスケはん(マキシマム・ザ・ホルモン),LIGHT BRINGERという渾沌たる面々。というか,どのバンドも聴いたことがありません。ただ,概ね’80HMから現代の国内HM界に至るまで,それなりに比重の均衡のとれた記事になっているように思います。このあたりは偏狭な編集方針を堅持するBURRN!誌にうんざりする身としてはそれなりに新鮮です。ちなみに“嬢メタル”も少しだけ取り上げられていたり。ゴシック・メタルやシンフォニック・メタル系の記事が全くなかったのは残念ですが,普遍的な記事にしようと思えば,仕方がないところかもしれません。もう少し記事の量が多くても良かったように思いますが,それなりに楽しめました。総合音楽雑誌でHMが特集されることで,この分野の音楽の裾野が広がって欲しいと切に願います。というか,HMを特集するのは今回が初めてだったのか。

 余談。ダイスケはん(マキシマム・ザ・ホルモン)のお薦めする5枚がなんというか素晴らしい。
・SOMEWHERE FAR BEYOND / BLIND GUARDIAN
・FROM ENSLAVEMENT TO OBLITERATION / NAPALM DEATH
・ANGEL’S CRY / ANGRA
・DEFYING THE RULES / HIBRIA
・CARPE DIEM / HEAVENLY
 NAPALM DEATH以外はそのまま自分のお薦めする作品としても使えそうです。そして,LIGHT BRINGERはどうなんでしょうね。一度聴いてみようと思っています。
posted by 森山 樹 at 05:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑誌感想
この記事へのコメント
マキシマム・ザ・ホルモンの音と違うバンドばっかりだよ!,、'` ( ´∀`) ,、'`
まあ、強いて言えばNAPALM DEATHか…(´・ω・`)
Posted by なかやま at 2010年06月29日 21:40
>なかやまさん
マキシマム・ザ・ホルモンは実は聴いたことがなかったり。
BLIND GUARDIANやANGRAはともかくHIBRIAやHEAVENLYは
この手の企画で初めて選ばれているの観た気がします
Posted by 森山 at 2010年07月03日 11:38
まあ、HEAVENLYとかHIBRIAは世間的にはまだキワモノの部類ですから…(´・ω・`)
つーか、他の色んなバンドを差し置いてその二つって色んな意味で凄い。
Posted by なかやま at 2010年07月04日 00:44
>なかやまさん
他に選ぶべきバンドはなかったのかという感じですね。
いや,どちらも好きなバンドではあるのですが。
Posted by 森山 at 2010年07月04日 10:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39320963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック