2009年02月01日

相克/慟哭/陰陽座

〈2009年感想 1枚目〉
斯くも恐ろしき相克の家に残されるのは,果てなき慟哭。
相剋/慟哭
相剋/慟哭
  • アーチスト: 陰陽座
  • 発売元: キングレコード
  • 価格: ¥ 1,200
  • 発売日: 2009/01/21

01. 相克
02. 慟哭
03. 相克(インストゥルメンタル)
04. 慟哭(インストゥルメンタル)

 国産妖怪ヘヴィ・メタルバンドの12thシングル。
 曲そのものはいつもの陰陽座の作風ですが,ニンテンドーDS用ゲームソフト「犬神家の一族」の為に作られたということもあり,横溝正史の世界観を彷彿とさせる雰囲気を漂わせています。それぞれが対になる曲ということもあって,入りの部分がほぼ同じというのも面白い趣向かと思います。
 #1は疾走感に溢れるいかにもOPといった感じの曲。「よき こと きく」のフレーズが嬉しい。斬新さはないのだけれど,『犬神家の一族』の粗筋をなぞる歌詞となっています。素直に格好いい。#2は全てが終わった後のとある人物の述懐を歌った曲。こちらはEDに相応しい悲しみと虚しさに満ちたバラードです。切なさが胸に迫る黒猫の歌唱がたまりません。
 曲そのものに目新しさはないけれど,綺麗にまとまった作品だと思います。悪くない。『犬神家の一族』を知らないと歌詞の意味は分からないかな。逆に言えば,『犬神家の一族』を知っている人ならば情景が浮かんでくることでしょう。
 余談。ジャケットの喪服姿の黒猫が艶めかしすぎます。色っぽくて美しい。たまりません。
posted by 森山 樹 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26168451
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック