2013年10月27日

HELLOWEEN&GAMMA RAY “HELLISH ROCK PART-II”

HELLOWEEN&GAMMA RAY “HELLISH ROCK PART-II”
2013.06.10(Mon) 愛知・ZEPP NAGOYA

SET LIST(GAMMA RAY)
01 Anywhere In The Galaxy
02 Men, Martians And Machines
03 The Spirit
04 Dethrone Tyranny
05 Master Of Confusion
06 Empire The Undead
07 Empathy
08 Rise
09 Guitar Solo
10 Future World
11 To The Metal
12 Send Me A Sign

SET LIST(HELLOWEEN)
01 Eagle Fly Free
02 Nabataea
03 Straight Out Of Hell
04 Where The Sinners Go
05 Waiting For The Thunder
06 Burning Sun
07 Drum Solo
08 Falling Higher
09 Live Now!
10 Hold Me In Your Arms
11 If I Could Fly
12 Hell Was Made In Heaven
13 Power
Encore#1
14 Are You Metal?
15 Dr. Stein
Encore#2
16 Halloween/How Many Tears/Heavy Metal(Is The Law)
 (with Kai Hansen)
17 I Want Out
 (with GAMMA RAY)

 HELLOWEENとGAMMA RAYのカップリング・ツアーに参戦してきました。どちらも今回が二度目のライヴということになります。HELLOWEENはSTRATOVARIUSと,GAMMA RAYはRAGEと,それぞれカップリング・ツアーでのライヴ体験なのでどちらも単独公演は未経験ということになります。会場はZEPP NAGOYAということでかなり余裕があるのが嬉しい。月曜日ということもあって満員とは行きませんでしたが,それなりに会場は埋まっておりました。勿論,盛り上がりも素晴らしかった。セットリストは上述の通り。GAMMA RAYは後半のHELLOWEENに体力を温存する為にやや流し気味ではありましたが充分に楽しかったです。新しい作品を引っ提げての公演ではないこともあって新旧の楽曲がバランスよく配置されていたように思いました。カイ・ハンセンの盛り上げ方もやっぱり上手いよね。人柄もあるのでしょうが,終始和やかな雰囲気の公演でありました。一方のHELLOWEENは新譜発表に伴っての公演でありましたが,新譜からの曲がすっかり馴染んでいるのが素晴らしい。「Straight Out Of Hell」や「Waiting For The Thunder」は今後の定番となっていきそうな名曲であります。「Live Now!」ではアンディ・デリスの観客仕切りの上手さが光りました。これもライヴ映えする曲ですよね。バンドと観客が一体化出来る曲というのは楽しいものです。また,「Eagle Fly Free」や「Power」といった定番中の定番曲をきちんと演奏してくれるのも嬉しいもの。これで「Forever And One」をやってくれれば最高だったんだけどな。「Are You Metal?」と「Dr. Stein」という1回目のアンコールの後は期待通りにカイ・ハンセンを交えてのアンコール2回目。現行のHELLOWEENにカイ・ハンセンを加えてのメドレーはたまらないものがあります。過去の不仲説を払拭するようなカイ・ハンセンとマイケル・ヴァイカートの共演に涙が出そうになりました。最後はHELLOWEENとGAMMA RAY勢揃いでの「I Want Out」で締め。ジャーマン・メタルの真髄を味わうことの出来たライヴでありました。過去に様々なライヴに参戦してきましたが,此処まで満足度の高いライヴというのは殆ど記憶にないですね。それくらい素晴らしく楽しいライヴでした。やっぱり自分はHELLOWEENがGAMMA RAYが大好きなのだなあということを再確認いたします。死ぬまで聴き続けて行くバンドであることは間違いありません。次の来日公演も絶対に参戦します。
posted by 森山 樹 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE